独立系FPが高収入を得るためのポイント

個人で独立し開業している独立系FPを目指している方は、独立して本当にやっていけるのだろうかといった不安が大きいのではないかと思います。
独立開業しているFPは結構いますが、実際の年収はどうなのかを知りたいと思いませんか?
そこでここでは、独立系FPの年収について詳しく紹介していきます。
まず注意点として、FPの資格を取得したからといってすぐに独立開業するのは避けるべきだと思います。
何の経験もなく知識だけで仕事をこなしていくのはあまりにも無謀ですし、あまりにも危険です。
ある程度企業で経験を積んでからでないとリスクが高すぎると言って良いと思います。
企業で働いているFPでも決して安泰という時代ではありません。
常に向上心を持ち、より高い知識を得るために努力をしていかなければならないのです。
そんな企業系FPの年収は人によって大幅に違いがありますが、約200万円~1000万円程です。
中には驚くほど高収入を得ている方もいらっしゃるようですが、それはほんの一握りのFPです。
では独立系FPの年収はどうでしょうか。
基本的には企業系FPと同等の年収であると考えれば良いと思います。
ただ、高収入を得るポイントを押さえておけば企業系FPの年収を超えることもできるのです。
高収入を得るポイントは、何といっても信頼を得る事。
信頼を得ることができれば、自然と口コミで広がっていくからです。
また、FPが扱えるものの中で、高収入が期待できるのが投資用不動産の紹介業務ではないかと思います。
ライフプランの提案料に比べ、不動産マージンの方が絶対的に収入が高いと言えるからです。
FPとして独立開業する中で、収入や年収がどうなるかは、結局活動方法次第なのだと言えるでしょう。

>>fpのマル秘勉強法について<<